3/17(土)第5回フロー・シンポジウム「時代の変化にあわせた新しい組織づくり」参加受付開始です!

フロー・シンポジウムは、「人と組織の可能性を最大限に発揮する経営を自由に探求する」という趣旨のもと、組織経営や組織変革に関わる様々な専門家をお招きし、その時々のテーマについて参加者も一緒になって探求をしてゆくシンポジウムです。

 

2010年5月に東京で第1回のフロー・シンポジウムをスタートしてから、東京、静岡、大阪とこれまで4回のシンポジウムを開催してきました。昨年11月には、神戸大学の金井壽宏教授をお迎えし、「フローな生き方、働き方 ~すべての人の中にあるヤル気を取り戻す新しいマネジメント」というテーマで、1日じっくりと、様々な角度からテーマについての学び、思索、対話を深めました。今回の第5回フロー・シンポジウムは、1年8カ月ぶりに東京での開催です。

 

 

時代の変化とともに、求められるマネジメントスタイルは変わってきています。これまではよしとされてきたことが、逆に今、人が本来持っている力を最大限発揮することを妨げているかもしれません。私たちはそういった、人に制限を与えてしまっている様々なものに気づき、手放していく必要があります。

 

そのためには、人と組織を別々のものとしてとらえるのではなく、統合的に見るためのレンズが必要になってきます。そのために第5回の今回は、「時代の変化にあわせた新しい組織づくり」をテーマに専門家のお話を伺いながら探求していきます。

 

今回の講師の方々は、それぞれチクセントミハイ博士の「フロー理論」、オットー・シャーマー博士の「U理論」、ケン・ウィルバー博士の「インテグラル理論」という、人と組織の成長、変容、変革に関わる理論を探求し、実際にビジネスの現場で活用し成果をあげている方々です。ただし今回は「理論そのもの」を学ぶことが目的ではなく、講師の方々がそれぞれの理論を深く学んだ上で、ご自身の志や経験に基づいて現場で実践されていること、今後何を目指しているかについて、語っていただこうと思います。

 

 

お1人目のゲストは、『フロー理論型マネジメント戦略』の著者、小森谷浩志さん。チクセントミハイ博士のフロー理論をどのようにシンプルに解釈しているか。そして、組織のメンバーを「フローにさせよう」とするのではなく「フローが自然に生まれる」ために、実際に現場でどのような取り組みをされているのかお話しいただきます。

 

 

お2人目のゲストは、オットー・シャーマー博士の『U理論』の翻訳者であり、組織改革、組織活性のプロフェッショナルファシリテーター、中土井僚さん。U理論で言われている“プレゼンシング”はまさに深いフローそのもの。フローとU理論の親和性についてお話いただきながら、その深さにたどり着くことを妨げているもの、何が起こることで組織が変わっていくのか、について、実際の事例を交えながらお話いただきます。

 

 

3人目のゲストは、『インテグラル・シンキング』の著者、鈴木規夫さん。ケン・ウィルバーの著作の翻訳を手がけられ、様々な企業での組織変革に関わられています。インテグラル理論とは、人間・組織・社会・世界を統合的にとらえるための新しいフレームワーク。個人と組織は切り離して存在することはできません。個人と組織を統合的に見ていくための新しい「レンズ」を、鈴木さんのお話を聞きながら、得ていただければと思います。

 

3名のゲストのお話のあと、天外伺朗の特別講演、さらに会場の皆様からの自由な質問を受けながらのフリー・トーキングセッションを予定しています。

 

 

今回のシンポジウムの最大の価値は、それぞれの講師の方々の話もさることながら、4名の講師と、参加者の様々な知見が集まることでそこにどんな創発が生まれるか、というところです。ですので、単にタメになる話、勉強になる話を聞いて終わるのではなく、参加されるお一人おひとりが、自分自身について探求し、自分の組織について探求し、感じたことを対話の時間に心を開いて話してみる、もしくは講師に質問をしてみる、ということが重要になります。

当日の場でどんな創発や融合が起こるかは、参加される方々次第です。一緒にこの貴重な場をつくりあげてくださる方々のお申込みをお待ちしています。

 

 

【対象】

 ・これまでの組織運営のスタイルに限界を感じている方
 ・自分自身や、自分の経営する(所属する)組織が、もっともっと大きな可能性を

  持っていると信じている方
 ・それぞれの講師のエッセンスを吸収しながら、実際に自分が実践をしていくための

  ヒントを得たいという方
 ・これからの時代に、本当に望まれる経営について、対話を通して探求していきたい方
 ・インスピレーションで「参加してみたい!」と思われた方

 

 

【講師プロフィール】

小森谷 浩志(こもりや・ひろし)氏
ENSOU 代表取締役/ジェイフィール コンサルタント
一般社団法人ソーシャルユニバーシティ 理事

 

1988 年ニッカウヰスキー㈱入社。常にトップの業績を残すとともに、営業チームの育成にも力を発揮。 2001年アサヒビール㈱のコンサルティング会社、㈱フルハウスの設立に参画、約400社のコンサルティング実績とともに、コンサルタント育成体制を構築する。 2010年" 奏であう" 組織づくりを使命とする㈱ ENSOUを設立。東洋思想とポジティブ心理学をベースとした「楽しさを基軸としたマネジメント」を提唱、日々組織開発に取り組んでいる。著作に『「フロー理論型」マネジメント戦略』(芙蓉書房)『ヒトがいきる経営』(学文社)(共著)、他。多摩大学大学院経営情報学修士課程修了。神奈川大学大学院経営学研究科博士課程。

【著書】

中土井 僚(なかどい・りょう)氏

プレゼンシングインスティチュートコミュニティージャパン理事
オーセンティックワークス株式会社 代表取締役
株式会社野村総合研究所 IDELEA チームパーソナルディレクター


アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア株式会社)にて、業務変革コンサルタントとして IT 技術を活用した業務改善コンサルティングに従事。情報システムに人が依存していく状況に疑問をもち、人が本来持つ力を引き出すにはどうしたらよいかという問題意識から、株式会社インタービジョンに入社し、最適組織編成理論である FFS に基づいた経営・組織・人材のコンサルティングに携わる共にコーチングを初めとしたセルフモチベーションの研究を行う。 ウイルソン・ラーニングワールドワイド株式会社にて、人材開発コンサルティング業務に従事した後、2005年に独立しオーセンティック・アソシエイツ代表に就任。 2008 年にオーセンティック・ワークス株式会社を設立し、代表取締役に就任。 10 年間に渡る延べ 3,000 時間以上のパーソナル・ライフ・コーチとしての活動と共に、エグゼクティブコーチ・ファシリテーターとして、一部上場企業を中心に経営者30名以上のコーチング実績、組織開発コンサルティング・ファシリテーター実績を持つ。

【著書】

U理論――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術
C オットー シャーマー C Otto Scharmer 中土井 僚

4862760430

 

 

鈴木 規夫(すずき・のりお)氏
インテグラル・ジャパン代表


2004年California Institute of Integral Studies(CIIS)でPh.D.を取得(East-West Psychology)現在、インテグラル・ジャパン代表として、ケン・ウィルバーのインテグラル理論普及のための活動を展開している。インテグラル研究所の創立メンバーでもある。人間の心理的発達と能力開発の領域において研究と実践に取り組む。企業組織における人材育成を主要な活動としており、主に発達段階の測定、リーダーシップ・パイプラインの構築、およびエグゼクティブ・コーチングとリーダーシップ・トレーニングを担当。ケン・ウィルバーの書籍の翻訳の他、著書に『インテグラル・シンキング:統合的思考のためのフレームワーク』(コスモス・ライブラリー)、共著に『インテグラル入門Ⅰ:ウィルバーの意識論』『インテグラル入門II:ウィルバーの世界論』(春秋社)がある。 

【著書】

天外 伺朗(てんげ・しろう)
フロー・インスティテュート代表/ホロトロピック・ネットワーク代表

 

元ソニー上席常務。工学博士(東北大学)。1964年、東京工業大学電子工学科卒。ソニーに42年余勤務。その間、CD、ワークステーションNEWS、犬型ロボットAIBOなどの開発を主導。また、脳科学と人工知能を統合した新しい学問「インテリジェンス・ダイナミクス」を提唱した。現在は病院に代わる「ホロトロピック・センター」の設立推進など医療改革や、企業経営者のための「天外塾」を開いて経営改革に取り組むほか、教育改革へも手を拡げている。著書に『経営者の運力』『非常識経営の夜明け』『マネジメント革命』『GNHへ』『教育の完全自由化宣言!』『運命の法則』など多数。

 

 

【開催概要】

  日 時: 2012年3月17日(土)13:00~18:00 (12:30開場)

 

  会 場: 東京体育館 第1会議室
      http://www.tef.or.jp/tmg/access/access.html
      JR中央線(普通)・総武線「千駄ヶ谷」下車徒歩1分
      都営地下鉄大江戸線「国立競技場」A4出口

 

  参加費: 15,000円(税込・事前振り込み)

 

  定 員: 100名

 

  主 催: フロー・インスティテュート

 

 

【お申込み】

  下記フォームより、必要事項を記載の上お申し込みください。
  https://pro.form-mailer.jp/fms/256b38ba25930

 

 

  【キャンセル規定】

  お客様のご都合によりキャンセルされた場合、下記の通りキャンセル料金
  をいただきますので予めご了承ください。

 

  14日前まで・・・・・無料
  13日前~8日前・・・・・参加費の25%
  7日前~3日前・・・・・参加費の50%
  2日前~当日、開催後・・・・・参加費の100%